パチンコやパチスロの換金率

換金率

パチンコやパチスロで交換時に差し引かれる換金率、
お店によって違う換金率について考察してみます。

ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー

ネットカジノ > 三店方式 > 換金率

パチンコ店の換金率

パチンコやパチスロには換金率と言うものがあります。ペイアウト率(還元率)とは違い、貸したパチンコ玉やメダルを貸した値段よりも安く計算して景品と交換することです。

一見すると換金率が高いと客は損だと思いますが、換金率が高い方が釘を甘くしたり、設定を高く入れることが出来るので単純に換金率が高いと損だとは言えないのです。

数年前には等価交換のパチンコ店が増えて等価交換が当たり前のような時期がありましたが、等価交換だと釘も辛くなり設定も低くしないと利益があがらずに客は出ないし楽しめない状況になっていました。

等価交換とは、1個4円で貸し出したパチンコ玉を1個4円で計算して景品と交換することで同じ金額で貸して同じ金額で引き取ることを言いますが、現在では等価交換は基本的に出来ないようになっています。地域により現在でも等価交換で営業しているパチンコ店もありますがそれも今後なくなっていくでしょう。

パチンコ店にとっては換金率が高いと換金率で利益を上げられるので、出玉が多くなるようにしても換金率で儲けられるので、釘や設定を甘く出来るので、客としては、大当たりが多い方が楽しめることからある程度、換金率は高い方が本来は良いのです。

それもお店によりけりですが、換金率を高くして釘を激辛にして設定を低くするようなお店もあります。

逆に換金率が低く釘が甘く設定が高い優良店もあります。換金率だけでお店の良し悪しを判断することは出来ないですが、一般的な客は交換時に金額が低くなるのを嫌うので、換金率は低い方が好まれる傾向にあります。

パチンコの換金率とカジノの換金率

パチンコ店では換金率で5千円借りて、すぐに景品交換すれば4千4百円ぐらいで交換してくれるのが主流ですが、ネットカジノには換金率はありません。

ネットカジノでは5千円チップを借りて、そのまま換金すれば5千円返ってきます。ようするに等価交換になります。

日本にある違法カジノ、アングラカジノや地下カジノや闇カジノなど言い方は色々ですが、それらリアルなカジノでも換金率があり、コミッションと言われチップを現金にする際に手数料との名目で5%差し引かれて換金されます。

5千円そのまま換金すれば4千750円になります。ハウスによりコミッションは違うとは思いますが、私が今まで行ったハウスは全て5%でした。

ネットカジノに関してはコミッションがあるハウスは私の知る限り1軒も無く、代わりに銀行への振り込み手数料があるぐらいです。振込手数料もネッテラーなどのメジャーな国際銀行では手数料も無料なので完全な等価交換となります。

パチンコ店同様に等価交換であれば、釘が辛く設定が低い法則が当てはまりネットカジノは絞めてることになりますが、そこがネットカジノの面白い所で、ネットカジノは圧倒的に経費が掛からないのと、利用者数がエゲツナイ人数なので等価交換でも利益があげられるのです。

パチンコ店やカジノ店では顧客が狭い地域に限られます。客が足を運べる距離に限界があるので狭い地域限定になります。

しかし、ネットカジノでは足を運ぶ必要が無いので地域を選びません。客が世界中のネットを繋げられる人全てになります。

その上、従業員数も相当少なく、店舗を構える必要も無くド田舎でも良いのでテナント代も当然安くなります。

パチンコ店はかなり高額な立地で面積も広く多くの従業員数と頻繁な台の入れ替えや電気代など非常に経費が掛かります。

当然その経費は客から搾り取ったお金で支払ってることになるのです。

カジノ店も日本のアングラカジノであれば繁華街の雑居ビルで従業員数もそれほど多くは無いのですが、飲食代は全てハウスが負担してくれるなどのサービスがあるのでパチンコほどではないですが、多少の経費は掛かっています。

換金率コミッションに関しては営業するのに必ず必要な経費分だと考えればネットカジノが等価交換でも当たり前のことだと納得出来るのです。
次のページへ・・・一物一価
ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー
Copyright (C) 2015〜 ネットカジノ紹介ドットコム All Rights Reserved.